コープのお葬式 コプセ-千葉県-  コープのお葬式 コプセ千葉県版

SSL(Secure Sockets Layer )とは

SSL(Secure Sockets Layer )とは、インターネット上で情報を暗号化して送受信するためのプロトコル(通信規約)のことをいいます。インターネットでやり取りされる個人情報などの重要情報を、第三者による盗聴や改ざん、なりすましから守ることを目的としたセキュリティ機能であり、当社ウェブサイトでは 資料請求・ 霊園資料請求・学習会参加申込・遺品処理見積書・ご意見ご質問 等、各種個人情報入力ページがSSLセキュアページとなっています。

SSLの必要性

現在インターネットで使われているプロトコルは暗号化が全く規定されいないため、第三者がラインモニタやパソコンなどを回線に挿入するなどしてインターネットを行き来する情報を覗き見ることができます。 インターネットはウェブサイトの相互接続によって成り立っているネットワークであり、接続先と自分との間に中継サイトがいくつも存在し、それが安全なサイトかどうかを把握することは困難です。そのため当社ウェブサイトでは、特に個人情報などの重要情報をインターネットで送受信する場合に、SSLによるセキュア通信を利用することで第三者による盗聴を防いでいます。

SSLの仕組

SSLでは、まずお客様が個人情報を送信する前に当社とお客さまとの間でセキュリティーに関する電子的なやりとり(デジタル認証・デジタル署名)を行ない、相互認証をしたうえでデータを伝送します。その際の当社とお客様とのやりとりは乱数で撹乱され、お客様になりすましてデータを盗もうとする第三者への誤伝送は阻止されます。 さらに、SSLによって伝送される情報は公開鍵暗号(RSA) と共通鍵暗号(秘密鍵暗号)という2種の暗号化方式を併用する方法で暗号化されます。この情報を解読するには電子的な「鍵」が必要です。仮に情報が第三者に傍受された場合でも、正しい鍵が無ければ暗号化された情報を復号することは不可能です。 鍵の種類は有限ですが、すべての鍵を順に試していき正しい鍵にたどりつくにはパソコンなどを使って電算的に作業した場合でも非現実的といえる長い時間を要するため、第三者が情報を解読することは極めて困難であるといえます。

SSL対応ブラウザについて

Internet Explorerバージョン2.1以降 Netscape Communicator(Navigator)バージョン2.0以降 SSLを使うために特別の設定をする必要はありません。 Internet Explorer や Netscape Communicatorなど、SSLに対応しているブラウザを使っていれば標準設定のままで必要なときには自動的にSSLが機能します。 SSLに対応していないブラウザをご利用の場合は、 SSLセキュアページにアクセスできなかったり、情報の入力ができない場合があります。 ※会社などの社内LANにおいて、FireWallを通じてインターネットに接続している場合、FireWallの設定によってSSLによる通信を利用できないことがあります。

SSLセキュアページのURL

SSLによる通信を提供するウェブページのURLは「https://....」で始まります。

データの保護について

当社ウェブサイトでは、お客様の個人情報を収集する際の安全対策として、各種個人情報入力ページにおいてSSL(Secure Sockets Layer)暗号化技術を用いております。これにより、インターネットを流れるデータを暗号化し、漏洩を防ぐことができます。 この文書はお客様への情報提供として掲載しています。 特定のソフトウエア製品の使用・不使用を推奨、要請、あるいは強要するものではありません。

TOPに戻る

前のページに戻る

コープデリグループ

葬儀・寝台自動車受付 年中無休24時間 フリーダイヤル 0120-50-3091
(ご相談受付 9:00~18:00)
© 2006 ~ 株式会社コープサービス コプセ